八木医院

神奈川県横須賀市の小児科・アレルギー科|八木医院

〒239-0833 神奈川県横須賀市ハイランド1-22-1
TEL:046-848-5140
トップページ»  アレルギーを疑う方へ

アレルギーを疑う方へ

初めて診察を受ける方へ

症状からアレルギーを疑った時、何科を受診すべきか判断に迷う事があると思います。
それは、目・鼻・皮膚・気管支・消化管と様々な部位に症状の発現がみられるからです。
今や日本人の大半が何らかのアレルギーがある時代ですから、特別な病気とは考えず、むしろ慢性疾患であるから、日常生活の中で根気良く一緒に治療に取り組んで行こうと考えて欲しいものです。
先生をはじめ医院のスタッフ全員が、治療のため患者さんや家族を支えます。
身体だけでなく心のケアも、アレルギーの治療の一部だと考えています。

診察対象となる症状

症状は、湿疹、鼻づまり、長引く咳、食物アレルギーがほとんどです。

湿疹は、どの部位にどの位の期間発症しているか、今までどんな治療をしていたかがポイントです。
基本的なスキンケアの指導をします。

鼻は耳鼻科と思われがちですが、気管支と共に呼吸をつかさどる大切な器官です。
代表的な鼻の症状は、鼻閉・鼻水ですが、もっと症状が悪化すると、匂いや味覚が分からなくなったり緑色の鼻水が出る化膿性副鼻腔炎になります。

咳は、風邪か長引いてると思われがちですが、感染症に因る症状はせいぜい2週間が良いところで、1ヶ月も2ヶ月も続く咳は、喘息を疑う可能性があります。
喘息は、軽い人から重い人までいますから、重症を懸念し過ぎないようにしましょう。
現在、喘息は喘息治療薬は大変進歩で重症の患者さんは圧倒的に少なくなりました。
むしろ軽症の患者さんが以前よりかなり増加しています。
症状のない時は健康な人と全く変わらない生活が送れますので、ついつい自覚も遅れがちです。

食物アレルギーは、特定の食物に因って様々な症状を現すものです。その症状は、様々です。
アナフィラキシーを引き起こす食物アレルギーは、命の危険性があるので対処法を考えるべきです。
症状がそこまで大きくなく、栄養面や生活面で摂取すべき食物は、除去するのではなく、負荷試験を行い徐々に接種出来るトレーニングを進めるべきです。

診察・検査の進め方

☆まず、八木医院へお電話ください。
受付にご希望の日時や曜日をお話ください。

初診の方は、長い診察時間を取りますので、1日に何人もお受けできません。
色々なお話、検査、時には処置もございますので、時間的に余裕のある日を予定してください。
患者様のご都合と当方の空いてる時間を擦り合わせ受診日をお決めください。
すでに症状が急を要する場合には、当日でも構いませんが、多少待ち時間が必要となります。
その場合、当医院の待合室や処置室での飲食は可能ですので、腹痛や嘔吐が無い限り持ち込みされて構いません。

☆受診の際には、保険証とお持ちでしたら医療証(乳児医療証等)を必ずお持ちください。
その他、現在使用中の薬がわかるお薬手帳、以前行った検査結果がおありでしたら、併せてお持ちください。

☆初めに問診をして、検査の必要性があれば、採血検査や皮膚テストをします。その他レントゲンや呼吸機能を測定したり、心電図測定や鼻吸引をします。

☆場合によっては、症状改善の為点滴をする事もあります。

診察所要時間・費用

診察の所要時間は、症状次第ですから一概には言えません。
事前に予約のお電話をされた時に、お尋ねください。

費用面では、アレルギーの検査はそれだけで5000円くらいかかり、その他の検査を含め多くて7〜8000円くらいを考えた方が良いでしょう。
その他、当院は院内処方ですから、お薬代も同時に必要になります。
もちろんご相談ください。

ただし、横須賀市の場合、小児医療証が発行されていますので、自己負担金は発生しません。

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて

当院では、皆様が個人情報をご提供していただく為に、以下のように定めています。

(個人情報の取得・扱い)
当院は、皆様からいただく個人情報の利用目的をあらかじめ明確に定め、適法かつ公正な手段により、必要な範囲で個人情報を取得します。頂いた個人情報は治療を行う上で必要な時以外では使用いたしません。

(個人情報の保護対策)
個人情報の漏洩や滅失を防止するために、必要かつ適切な安全管理措置を講じています。また、個人情報の安全管理について院内の責任体制を確保するための仕組みを整備しています。

(個人情報の開示)
当院では本人以外に個人情報を原則として開示する事はいたしません。

(個人情報の利用と提供)
当院では、取得した個人情報を、販売や貸し出したりする事はありません。
ただし、下記の場合においてのみ、個人情報を提供する事があります。
・利用者の方の同意があった場合
・裁判所や警察などの公的機関から、法律に基づく正式な照会要請を受けた場合
・ご利用者にサービスを提供する目的で、当院からの委託を受けて業務を行う会社が情報を必要とする場合
(ただし、これらの会社も、個人情報を上記の目的の限度を超えて利用する事は出来ません)